2018.10.06-08 三ツ峠山クライミング

三ツ峠山へクライミングに行ってきました。会員2名、他6名でした。 6日に移動、7日早朝に三ツ峠山を登り、7時に山頂近くの山小屋「四季楽園」で合流しました。1日目は天気が良く、富士山がとても大きく見えました。石川県民には新鮮でした。岩質は集塊岩でした。岩壁のなかに岩や石があり、はじめはそれに乗るとぽろっと落ちそうで怖かったのですが、すでに多くの人が登っている岩壁ということもあり、一度も石が落ちることはありませんでした。シングルピッチ、マルチピッチを登りましたが、映画「岳」のために作られたマルチピッチルート 岳5.10a4ピッチ も登りました。小栗旬がリードしたと聞きました。 2日目は、ガスで眺望はよくありませんでした。マルチピッチ 中央カンテ4ピッチ(階段状1ピッチ含む)も登りました。他シングルピッチ2本登りました。今回は関東の友人に案内していただき、クライミング、懸垂下降などとても快適にできました。登っていないルートがまだまだあるので、また来ようと思いました。(E.英徳)

 

2018.10.14 募集登山 大日山

今年の募集登山も大成功!
今年の募集登山も大成功!

今年の募集登山は小松市の大日山で行いました。またこの山行は清掃登山も兼ねて行いました。一般と会員を合わせて総勢30名が集まりました。登山ルートは山中温泉を抜けた真砂から入って、池洞新道を使って登ります。登山口からの急な坂道にも負けずに一歩ずつ確実に登りました。ブナ林を抜けて大日小屋に到着すると、青空と目の前に大日山が迎えてくれました。大日山に向かって右手には勝山市の町並みがはっきりと一望できました。お昼は班ごとに分かれてランチタイムです。自分たちの班はウインナーを入れた棒ラーメンを食べて、体力が回復しました。登山道に捨ててあったゴミもきちんと拾ったので、来た時よりも綺麗な大日山になったと思います。どの班も大きな怪我はなく、ほぼコースタイム通りの予定で山行できました。一般の人たちと山登りの楽しさをシェア出来て良かったです。(I.洋平)

2018.10.08 金山から雨飾山縦走

全行程10時間!お疲れ様でした!。
全行程10時間!お疲れ様でした!。

Kさんたっての希望で、金山から雨飾山までの周回コースを歩いてきました。金山登山口からの道は雨飾山とは違って、ほとんど登山客がいない静かな登山道です。天狗原まで登ると視界が一気に開いて気持ちが高ぶります。さらに歩いて金山まで行くと、ガスに隠れていた焼岳と火打山の雄姿を拝めることができました。しばらく立ち止まって黄葉した山肌に見惚れていました。金山から大曲を経て笹平までのコースは紅葉のトンネルを何本も抜けて、落ち葉のふかふかした感触を踏みしめながら、雨飾山に向かって歩いて行きます。ふと歩いてきた道を振り返ると、金山からずっと歩いてきた黄金色の道が見えて気持ちが奮い立ちます。急登とアップダウンで疲れ果てた体を引きずりながらようやく笹平に到着したあと、お昼休憩に入りました。その間にTさんとWさんは雨飾山頂まで行ってきました。その姿を眺めながら、健脚の2人に少しでも食らいついて頂上まで行ける体力が自分に残っていれば…と後悔もありました。帰り道の雨飾の登山道にはサルナシやヤマブドウの実がたくさん生っていました。紅葉だけで無く、秋の恵みがこんな所にもあるんだなあと思いました。雨飾登山口に帰ってきた時、予め車を回してくれたTさんの「お疲れさま、よく頑張って歩いたね」と言われたのが心に沁みました。(I.洋平)

2018.10.04~06 火打山、妙高山縦走

絵本の世界です。
絵本の世界です。

友人と久しぶりに歩いてきました。山肌は樺の白、葉々は赤、黄、オレンジで彩られまさに錦秋。連休前の火打妙高は人も少なく心落ち着きました。高谷池ヒュッテは工事中で(2年も前からなのに)半数しか受け入れず仕方なく黒沢池ヒュッテに泊まりました。入山時に一人500円の協力金を支払いました。下山時にはアンケートも・・環境保全のための基金だそうで試験的に期限を設けてやっているそう・・。うーん、どんなものでしょうか・・なかなか難しい問題です。最終日は鏡池から戸隠連峰ながめて来ました。(i.乃里子)