2018.02.18 牛岳スキー(989m)

18日の日曜に会員3名ゲスト1名の4人で牛岳へ山スキーに行って来ました。庄川温泉峡から利賀に向かう道路沿に駐車しすぐ脇の林道から出発。ショートカットしながら急斜面をのぼり、しばらくで夏道に。出発時に会ったMさんの友人2人とMさんでラッセルしていただき私は楽させてもらい、感謝です。樹氷の中気持ち良く歩き約3時間くらいで山頂に到着しました。
降りはパウダーの斜面をシャーっと滑り(私以外の3人は)ちょっと難儀した所もありましたが無事下山。例年の雪なら藪で滑り辛いそうですが、今年の大雪で得した気分でした。(W.広美)

2018.02.18 しかり場(1,549m)~導水管尾根

白山への道、しかり場から先は雪庇の連続。
白山への道、しかり場から先は雪庇の連続。

ゴンドラを降りスキーを履いて山中に入るとまるで別世界、樹氷がびっしりついている木々が美しく感動しっぱなし。ラッセルは靴上からふくらはぎ程度、トレースはなく私たちだけの世界。天候も晴れたり曇ったりときどき小雪程度、雪の状態もいいのでがんばってしかり場まで行きました。木陰で温かいカップ麺を食べてから滑走準備。檜倉手前までは来た道を戻り、そこから導水管尾根を降りました。2,3回こけたものの自分なりに楽しく滑れて、くっつりして車に戻りました。(I.久子)

2018.02.18 牛岳スキー(989m)

大雪の年こそ快適に滑れる牛岳、と判断して計画しました。会員2名+自分+渡辺顧問の4名で取りつきへ。めっこ山岳会の2名も遅れて到着し、総勢6名でラッセル交替しながら高度を上げていきました。美しい樹氷に感嘆の声を上げながら稜線へ。めっこ2名はここで終了ですが、私たちブルーベル組はさらに頑張り山頂三角点に到達しました!眼下に砺波の散居村、
周囲は樹氷、美しさに一同感激。滑走はパウダーに酔いしれました。(M.真澄)

2018.02.03~04 群馬・相沢渓谷のアイスクライミング

関東の友人6名と合流し、群馬の相沢渓谷でアイスクライミングを楽しみました。初日はは「仔犬殺しの滝」と「犬殺しの滝」を登りました。アイスアックスで氷を捉え、アイゼンで氷に打ち込む感覚を楽しみました。2日目は相沢奥壁へアプローチ1時間半で氷瀑群に出会い「エイプリルフールの滝」3段100mのマルチピッチに挑戦しました。2日間とも素晴らしい晴天に恵まれ、楽しいアイスクライミングを楽しむことができました。(M.真澄)

2018.2.04~05 北八ケ岳

日本海側は大寒波到来予報の2月4・5日(日・月)に、北八ケ岳の雨池山・三つ岳を周遊して、北横岳→双子岳→蓼科山を計画して出かけた。北八方面の天気は予報より悪く、なんとか雨池岳まで上ったが雪が深くトレースは全くなく引き返し坪庭から北横岳ヒユッテに向かった。歩き足らなかったので三つ岳分岐から三つ岳方面へ向かった。三つ岳本峰が見えるところで引き返し3時半小屋に入った。今回の雪質が水分のない乾いた軽い雪で風も強いこともあって、蓼科方面へのトレースは全く消えている。今回は蓼科山をあきらめ三つ岳周遊に変更した。翌日三つ岳Ⅱ峰まで行き、全くトレースがないのでまた引き返し、13時過ぎ諏訪インターに向かった。運よく大寒波の渋滞や通航止めにも会わず、午後5時過ぎ公会堂に着いたら車が雪に埋まっていた。(K.真由美)  

2018.02.03 冬山訓練(ビーコン訓練、雪洞体験)

雪洞を囲み、全員でイエ~イ。
雪洞を囲み、全員でイエ~イ。

谷峠の石川県側から恒例の冬山訓練を行いました。谷トンネル手前の県道横から入りしばらく歩き程よい場所で、2グループに分かれビーコンとゾンデ棒の操作のシミュレーションをして、その後は4グループになりそれぞれ雪洞を造りました。当日は風もなく雪が時おりチラチラと舞う程度の天候だったので集中して訓練する事ができました。各グループで造った雪洞はとても居心地良さそうな出来栄えで、夜にはライトやろうそくを付けてみんなで遅めの新年会をしたいなぁ~と思いました。知らなかった事も習うことができ、とても有意義な冬山訓練となりました。(T.明美)