2018.06.03 福井県 嶺南の 岩籠山 黒河川、口無谷,左俣遡行、右俣下降

F3口無谷最大の滝(23m)、右岸を巻く。
F3口無谷最大の滝(23m)、右岸を巻く。

好天の中9名で口無谷へ行きました。黒河林道は少し荒れぎみ、手前1.5kmに車を止め、林道を歩き谷に入る。すぐにF1直曝10m、ここは右岸のガレを落石に注意し1人ずつ登る。次のF2、13m、滝直登するには泳ぐ必要が有り左岸の岩から、ロープや木の根等に取り付きや又自己確保等で登る。F3、23mは後左岸から巻きロープで沢に降りる。F4は7m階段状、これも安全を記してロープ使用。多人数等々で予定より遅れ気味。その後は癒しのナメ滝等で快適な遡行で二股に到着。そして左俣を遡行、トイ状の滝ナメ滝や大物の岩魚もちらほら。上部は小枝沢が多く水流で判断し遡行すると、ほぼ藪こぎ無しで岩籠山頂に着く。インディアン平原に行ってから右俣を下降。歩きやすい谷筋である。二俣過ぎると林道も有り、予定よりも早く戻れた。(N.展明)

2018.06.03 今年初の白山登山

メンバー4人で今年初の白山登山しました。市ノ瀬から別当出合までの林道も開通し連日の晴天もあり、沢山の登山者がいました。砂防新道の橋から景色を眺めながら何だかとても懐かしい気持ちになり、これまでは、雪で真っ白になった真冬の白山を見ながら「早く登りたいなぁ。待っててね。白山」と思ってた念願が叶った日です。砂防からの登山道は別当覗あたりから残雪が見られ、南竜分岐から黒ボコもまだ沢山残雪がありました。今年も何度か冬山を登りましたがそんな時期より、気温が高いためか雪も水分が多くとても滑り易い状態になってて下山は何度か転んで苦労しましたが、山頂のお社にお参りし今年 後半の登山の安全祈願を出来て白山のパワーをもらって元気になり、「今年は何回来れるかなぁ」と思いながら満足感いっぱいの山行でした。(T.明美)

2018.06.02(土) 白木山(1317.4m)

加賀を5時に出て花立峠に向かうが、林道ほんの暫くの所で道路が崩れておりユンボが通せんぼしていた。仕方なく1時間のアルバイトで峠、そこから先も林道を進んでみたが、8:10林道終点。まだポツポツと残る危うい雪渓をくぐったり上を歩いたりしながら本流に出た。1120mより尾根に逃げ1230mピークから稜線ヤブ漕ぎで山頂に到着。三角点を確認、さらに白木越えの道が見えたので踏み跡を探しながら進むも、激ヤブで白木越えの位置はGPSにて確認し戻る。下りは1230mで左の緩い尾根下り、二股に到着。石積みが残っていたりする破線を出来るだけ忠実に巡り、林道に出て長いアスファルト歩きを蕨を採りながら戻った。(k.孝子)