2019.01.14 口三方岳 ワカン山行

山頂からは金沢や砺波平野の展望もあり、大笠山等もきれいに見えました。
山頂からは金沢や砺波平野の展望もあり、大笠山等もきれいに見えました。

好天の三連休の最後の日に6人で口三方岳に登ってきました。朝方は放射冷却でとても寒かったですが、歩き始めると暑くまだ1月なのに春先のようでした。やはり今年は雪が少なく、藪がうるさく少々歩き辛いです。先行者のおかげでトレースバッチリ、有り難く登らせて頂きました。途中で見えた白山、真白で神々しくとても美しかったです。4時間弱で山頂に到着し、のんびりとランチタイム。雲が出てきて眺めはイマイチでしたが、それでも大満足して降ります。久しぶりのワカン歩きで、紐の締め方や歩き方、忘れていたこと、注意することをいろいろ教わりながらの山行になりました。(W.広美)

2019.01.12 放山(1189m)山スキー下見

 焼山がまじかに!火打山もチラリ。
 焼山がまじかに!火打山もチラリ。

会員8名で放山に行ってきました。シャルマンスキー場ゲレンデトップより放山を目指します。途中、東斜面も良いとの情報もあり偵察に。中間部まで滑り降り左側尾根より放山に上り返しました。急ではありましたが本日の雪質は上々で各自大歓声!おかわりしたい面々もいましたが次回にね。頂上で大休止後、北斜面を滑走。こちらもgoodな斜面!。一部、地形読みずらい箇所もありましたがピンポイントでゲレンデ近くの橋に下山しました。来週もお天気だといいです!(I.乃里子)

2019.01.12 銀杏峯 ワカン山行

皆さんと一緒なら雪山も楽しい!。
皆さんと一緒なら雪山も楽しい!。

今年初の登山は銀杏峰でした。個人的には雪山登山の経験はほとんど無いので、経験値を積む機会となりました。登山口にはすでに他の登山者の車が多く停まっていました。雪は踏み固められていて、道も一本なのでさほど迷わず、足も雪に埋まることなく登ることができました。標高が上がると雪がフワフワしてきたので、練習も兼ねてワカンを装着しました。わざと誰も歩いていない雪上を見つけて歩くと、脚が沈ます気持ち良く脚を運べます。稜線から頂上までは真っ白な雪原を歩いているようです。真下には大野市街が見えて、それをぐるりと囲むように大日山、白山、別山、荒島岳などお馴染みの山々が見えました。お昼はいつものカップ麺ですが、雪の中で食べる熱々のラーメンは最高です。下りはワカンのまま、どこでも自由に歩けるのが楽しかったです。(I.洋平)

2018.12.31~2019.01.02 南八ヶ岳

赤岳~横岳
赤岳~横岳

大晦日、雪の北陸をあとに途中茅野でMさんと合流し美濃戸山荘にお昼に到着。行者小屋に4時頃着いたため阿弥陀岳に登る予定は取りやめ。元旦の朝は青空、風もなく順調に赤岳に登頂。富士山や周囲の山々が美しかったです。天望荘で休み出発すると少しずつ雲がわき硫黄岳山荘の手前では吹き飛ばされそうなものすごい風。久々に冬の八ヶ岳の厳しさを味わいました。夜半から雪が少し積もり早々に下山しました。正月の八ヶ岳は多くの登山客で賑わっていました。(M.香子)

2018.12.26.(水)~01.01日(火)宮崎 比叡山クライミング・大崩山登山

宮崎県の比叡山へ会員2名でクライミングに行ってきました。天候の関係で、比叡
山の2本のクライミングしか完登できませんでしたが良いクライミングができまし
た。1峰南面「TAカンテルート」はこの岩場の入門的なルート。3ピッチ以降のカンテを登るところが、周りが開けていて気持ちよく登れました。3峰の「左方カンテ・ノーマルルート」は、「TAカンテruート」より難しいのですが、登りごたえがありました。最終ピッチはピンが2個しかなく、一部クラックが無いためカムが決まらず、大変怖かったです。でも面白かった。 雌鉾岳にも行きましたが、岩が冷たすぎて敗退しました。壁は海外の岩場なみに大きかったです。その日は大崩山登山に切り替えました。 行った時期が寒い時期だったので、登れないルートもありました。春か秋にまた来たいと思いました。(E.英徳)